フィナクス飲んでフッサフサ!

フィナクスの効果と副作用を正しく知りAGA対策をしていきましょう!

フィナクスの効果

フィナクスは、育毛の促進を目的に開発されたAGA治療薬です。

2005年に日本国内で発売されたAGA治療薬・プロペシアのジェネリック医薬品として開発されました。

プロペシアは有効成分フィナステリドのはたらきによってAGA治療に優れた効果を発揮することから、発売以来、多くの人に愛用されています。

そんなプロペシアをベースに同じ有効成分を用いて開発されたフィナクスも、AGAに絶大な効果を発揮します。

日本皮膚科学会が発表している『男性型脱毛症診療ガイドライン』において、フィナステリドが最高ランクのA評価に認定されていることからも、いかに効果的なAGA治療薬かが伺えます。

フィナクスには、以下の4種類の効果があります。

  • ・前頭部の生え際が後退することを抑制する
  • ・頭頂部の薄毛が進行することを抑制する
  • ・太くて長い毛髪への成長を促す
  • ・毛包からの発毛を促す

なかでもメインの効果とされるのが、前頭部の生え際や頭頂部の薄毛・抜け毛が進行するのを抑制することです。

脱毛症状を抑制することによってAGAによる被害を食い止め、毛髪の状態を維持します。

AGAは自然に治癒することなく、現在進行形で悪化していくことを考えると、これだけでも十分な効果といえるでしょう。

また、発育効果も確認されているので、すでに薄毛・抜け毛が進行している方もフサフサの状態に戻せる見込みがあります。

ただし、フィナクスのメインとなる効果はあくまでもAGAの進行を食い止めることであり、毛髪の発育を促進させることではない点に注意しましょう。

発育効果についてはそこまで強力なものではないので、人によっては「髪が増えた」「薄くなっている箇所が少なくなった」といった変化が見られないこともあります。

作用機序

AGAは、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンが原因で起こります。

この男性ホルモンは初めから男性の体内に多くあるわけではなく、テストステロンという男性ホルモンが変化して生成されます。

テストステロンは主に睾丸で分泌されますが、加齢によってその分泌量は徐々に減少していきます。

しかし、本来は筋肉をつくったり性欲を促進したりするはたらきを持つため、男性にとっては必要不可欠です。

そこで、テストステロンの分泌量が減少していることを体が察知すると、より強力な男性ホルモンを生成するために、5αリダクターゼという酵素と体内のテストステロンを結合させます。これによって誕生するのがジヒドロテストステロンです。

ちなみに、5αリダクターゼには1型と2型の2種類がありますが、AGAに大きく関係しているのは前頭部や頭頂部に多く見られる2型5αリダクターゼです。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクル、特に成長期(毛髪が丈夫に育つために必要な期間)に影響を及ぼします。具体的には、成長期の期間を大幅に短縮します。その結果、毛髪が細く弱々しい状態にしか成長できず、簡単に抜け落ちるようになります。

フィナクスは、このようなメカニズムで起こるAGAに効果を発揮します。

有効成分として含有するフィナステリドには、2型5αリダクターゼを抑制するはたらきがあります。

これにより、テストステロンと2型5αリダクターゼが結合することを防ぐことが可能です。その結果、ジヒドロテストステロンの生成量が大幅に減少します。

ジヒドロテストステロンの影響を受けなければ、ヘアサイクルはまた正常な状態に修復されていきます。

成長期が再び長くなれば、それにともなって毛髪が丈夫に育ちやすくなり、薄毛の進行を止めることができます。

このような作用機序によって効果を発揮し、AGA改善に役立つフィナクスですが、その効果を実感するまでには少なくとも約1年間の期間が必要といわれています。

個人差によってこれよりも早く効果を実感することもあれば、3年近く経ってやっと効果を実感できるケースもあります。

数ヶ月で効果を実感できない場合もすぐに諦めるのではなく、根気強く治療を続けることが大切です。

フィナクスの軽度の副作用

特定の病気を治療する際、自然に治癒しない場合はその病気に適した治療薬を用いることがほとんどです。

それぞれが含有する有効成分の効果により、各病気の症状を治療あるいは緩和します。

いずれの治療薬も強力な効果を持っているため、私たちの健康状態を改善・維持するために欠かせないものといえます。

しかしその一方で、強力な薬効が仇となり、開発当初の目的とは異なる効果を人体に及ぼすこともあります。こうして現れる症状を副作用といいます。

副作用の多くは人体に悪影響を与えるものであり、軽微なものから重篤なものまでその程度はさまざまです。

フィナクスも例外ではなく、服用することによって副作用を引き起こす可能性があります。

万が一の場合もすぐに対処できるように、フィナクスの服用によって起こる可能性がある副作用を知っておくことをおすすめします。

フィナクスを服用した場合は、いかに正しく取り扱ったとしても約2%の確率で軽微な副作用が現れるとされています。

なかでも多く報告されているのが、性機能に関連する症状です。

具体的には性欲減退、精子の減少、勃起不全などが挙げられます。

こうした副作用が現れる明確なメカニズムは解明されていないようですが、有効成分フィナステリドが男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに影響を及ぼすことから、性機能にも影響を与えるのではないかと考えられています。

男性からすればこうした性機能に関連する症状は、いずれも深刻な問題に思えます。

しかし、いずれの副作用も軽微な症状であることが多く、フィナクスの服用を中止すると同時に徐々に治まっていくケースがほとんどです。

また、副作用として勃起不全を引き起こしたことにより、性行為に支障をきたす場合はED治療薬を併用することで改善できます。

ただし、これらの症状が重症化したり長引いたりする場合は要注意。フィナクスの服用を中止し、すみやかに専門医に相談することをおすすめします。

フィナクスの重い副作用

フィナクスの服用よる副作用は、軽微なものばかりではありません。

発症報告はほとんどありませんが、ときには重篤な症状を引き起こす危険性があるので要注意。なかでも代表的なのが肝機能障害です。

肝臓は、摂取したタンパク質や当分をエネルギーに変換し、蓄えることを主なはたらきとする臓器です。

そのほかにも、アルコールを分解したり消化液を生成したりするなど、重要な役割を多く担っています。

しかし、アルコールの過剰摂取をはじめ、肝臓に負担がかかることを習慣的に続けていると、それによって正常に機能しなくなる可能性があります。

フィナクスの服用も、肝臓にとって多少なり負担がかかる行為です。ましてや、AGA治療は長期にわたって行われ、場合によっては年単位で治療を続けなければいけないこともあります。その治療期間中、フィナクスの服用を続けるとなれば、それだけ肝臓にも負担がかかります。

また、フィナクスだけでなく治療薬全般に言えることですが、使用することでアレルギー反応を引き起こすケースがあります。それによって「薬剤性肝炎」という肝臓の炎症を招くことも。

薬剤性肝炎には「中毒性」と「特異体質性」の2種類があり、ほとんどのケースが後者です。

特異体質性とは、摂取した成分の量に関係なく突発的にアレルギー反応を示して発症するため、事前の予測や予防が困難だとされています。

主な症状として「茶色がかった尿が放出される」「倦怠感を覚える」「長期にわたって微熱が続く」といったものが挙げられます。

悪化すればさらに重篤な症状を招くリスクが高まるほか、肝機能にも多大な悪影響を及ぼす危険があります。

フィナクスの服用によって薬剤性肝炎をはじめとする肝機能障害が疑わしい場合は、すぐさま医療機関で診察してもらいましょう。

icon