フィナクス飲んでフッサフサ!

AGA対策にフィナクスをおすすめします。

フィナクスとAGAについて

最近名前を耳にすることが増えてきたAGA。

これは「男性型脱毛症」とも呼ばれる病気で、薄毛や抜け毛の進行を主な症状とします。

薄毛や抜け毛というとある程度歳を重ねてから経験することのようにも思えますが、AGAは年齢に関係なく発症する可能性があるので要注意。早ければ20代にして薄毛・抜け毛が目立つ、なんてことにもなりかねません。

髪はその人の印象を大きく作用するポイントのひとつであり、オシャレをするにも欠かせないものでもあります。できることなら、いくつになってもフサフサな髪を維持したいと考える方が多いのではないでしょうか。

しかし、AGAを発症すると現在進行系で薄毛や抜け毛が進むので、毛髪とともにその願望も儚く散ってしまいます。

そんなときこそフィナクスが役に立ちます。

フィナクスはAGA治療薬として開発された医薬品であり、継続的に使用することで薄毛・抜け毛の進行を抑制します。

フィナクスを製造したスマート社とは

フィナクスを製造・販売しているのは、インドにあるスマート社という製薬会社です。

世界的に“ジェネリック大国”として知られ、多種多様なジェネリック医薬品を開発して世界に発信しているインドには、数多くの製薬会社があります。

スマート社は比較的新しめの製薬会社ですが、日本人が開発に参加しているため日本人のからだに適した商品開発や日本人に親しみやすいパッケージデザインをするなど購入者目線の工夫を凝らしています。

AGA治療薬以外にも幅広いジャンルの医薬品を手掛けており、またそのすべてが有効性、安全性ともに多くのユーザーから高く評価されています。

フィナクスの有効成分

フィナクスがAGAの進行を抑制するのは、有効成分フィナステリドの効果によるものです。

1992年、アメリカで前立腺肥大症の治療薬として認可されたのが始まりですが、それから間もなくして毛髪の発育に効果を発揮することが判明。これを気にAGA治療薬としての研究・開発が行われるようになり、1997年にAGA治療薬として正式に認められました。

フィナステリドとは

フィナステリドは、薄毛・抜け毛の改善に高い効果を発揮します。

日本皮膚科学会が2017年に実施した調査結果によれば、1年間服用した患者の約60%が「薄毛・抜け毛に改善が見られた」と答えているようです。さらに服用期間が長ければ長いほど、その効果に満足している患者の割合は増加しており、2年間服用した患者の約70%、3年間服用した患者の約80%が「現状維持よりも高い改善効果を得られた」と回答しています。

効果を実感するまでの期間、効果の程度には個人差があるものの、多くのユーザーが満足しているのは間違いありません。

こうした高い実績があることから、医療機関でもフィナステリドを用いてAGA治療を施すことが増えています。

ただし、フィナステリドには発毛効果があるわけではありません。

AGAの進行を抑制すると同時に高い育毛効果を発揮しますが、抜け落ちた毛髪を再び生やしたい方には不向きな成分といえます。

発毛効果が期待できる成分としてミノキシジルがあるので、発毛を望む方はそちらを利用することをおすすめします。

また、フィナステリドとミノキシジルは作用機序が異なることから、併用が許されています。

相乗効果によってAGAの改善により高い効果を発揮することでしょう。

もちろん併用による副作用は確認されておらず、安心安全に毛髪の状態を改善します。このことから、最近ではフィナステリドとミノキシジルの併用を勧める医療機関も少なくありません。

icon